HOME > 暮らしのお役立ち情報 > 東濃三市おでかけ観光ガイド

東濃三市おでかけ観光ガイド

多治見市

虎渓山 永保寺

正式名称は、臨済宗南禅寺派虎渓山永保寺。
「虎渓」の名の由来は、鎌倉時代に夢窓疎石がこの地を訪れた際、現在では世界遺産として名高い中国 蘆山の虎渓の風景に似ていたことに由来すると言われています。
観音堂と開山堂は国宝に指定され、観音堂前の庭園は臥竜池と称する池に反り橋の無際橋がかかり、浄土教的庭園の様式を感じさせる名庭で、国の名勝に指定され、建築・庭園・墨跡など禅の美術で注目される禅寺です。

住所 : 多治見市虎渓山町1-40
URL : http://www.kokei.or.jp/

華立(はなたて)スポーツの森


深山の森公園の隣に位置し、マレットゴルフや散歩が楽しめます。
ゴルフ場は18ホール、パー72、コース延長は603mあり、山の斜面に樹木を生かして造られ、多治見市では初の施設です。マレットゴルフは老若男女が楽しめるスポーツです。家族や仲間と森林浴をしながら、ストレスや運動不足解消のため、あなたもトライしてみたらいかがでしょう。

住所 : 多治見市大薮町迫間洞1983-2
URL : http://homepage3.nifty.com/hanatatemg/

神明神社

多治見市指定天然記念物「大藪のシダレザクラ」で知られる「神明神社」です。
神殿拝殿には県木の「イチイの木」が使用されている神殿拝殿。年月とともに自然の色つやを増し、味わいある木目の美しさを持つといわれる「イチイの木」に包まれての初詣。ちょっとお出かけしませんか。

住所 : 多治見市姫町

縣(あがた)神社

小高い丘の上に位置する縣神社の御祭神は「大荒田命」で、開拓、安産、交通安全祈願等として知られています。また、多治見市が一望でき初日の出も見れるため、毎年多くの人が訪れています。みなさんも一度、立ち寄ってみてはいかがですか?

住所 : 多治見市赤坂町

白山神社

創立の年代については詳らかではありませんが、境内からは縄文・弥生の土器・石斧・石錐等が出土されており、古代から開拓された土地柄から見て、恐らく古くからこの土地の氏神として鎮祭されたと推定されます。社歴の一端には寛文7年(1667年)2月再建の棟札を所蔵しています。

住所 : 多治見市白山町

新羅(しんら)神社

奈良時代前期の鎮座と伝わり、多治見の故郷の産土神『しんらさん』として親しまれています。家庭円満・繁栄はもちろん、古くより厄除・災禍除・延命長寿・安産祈願としても信仰されています。
手水で清め厄除橋を渡り、気持ちも新たなこの新年、初詣に出かけてみませんか。

住所 : 多治見市御幸町

本土(ほんど)神社

平安時代後期、当地域は伊勢神宮領の池田御厨の内であり、住民は農産物・陶器等貢物献納に伊勢路を往来し、神宮に縁の深い猿田彦大神の御分霊を、当地域の守護神として勧請奉斎し、子孫の繁栄を祈願したと云われています。鎌倉時代末期、美濃国守護「土岐頼貞」がこの地に住み、鬼門鎮護の神・武門守護の神と仰ぎ、社殿改築の勧進や祭礼奉行など、一族を率いて崇敬したと伝えられ、地主神・方除神・厄除招福神・導きの神として信仰されています。
多治見市の保存樹に指定された「ツクバネガシ」が覆う境内で、厄除招福祈願への初詣いかがですか。

住所 : 多治見市小田町

本町オリベストリート(たじみ創造館)

明治初期から昭和初期に建てられた商家や蔵の残る本町筋は、陶磁器の文化に培われた多治見市の歴史を色濃く残している長さ約400mのエリアです。当時は、陶磁器問屋街として馬車・人力車が行き交い、陶磁器商業のかなめとして地元を支えていました。
そんな情緒ある街並みに足をはこんでの散策や会食はいかがですか。

住所 : 多治見市本町5-9-1
URL : http://tajimi-souzoukan.com/

多治見神言修道院

青々と茂る木々に囲まれた中世ヨーロッパの面影を漂わせるバロック建築の教会は、日本3大修道院のひとつにも数えられています。大聖堂のステンドグラスから差し込む光のシンフォニーは神秘的です。修道院の敷地内で収穫された葡萄を使った自家製ワインとクッキーは人気上々で、玄関脇にある売店で買い求める事ができます。

住所 : 多治見市緑ヶ丘38番地
URL : http://www15.ocn.ne.jp/~svd/

かさはら潮見の森

山頂の展望台からは伊勢湾・御嶽山を望む360度のパノラマ眺望が満喫できます。
大自然に包まれたフィールドアスレチック広場や季節毎に配置された森、芝生広場やさえずり・やすらぎの小径などなど、趣の違うウォーキングコースも楽しめます。
四季折々の景色を醸し出す「潮見の森」へお出かけしませんか。

住所 : 多治見市笠原町字富士下

市之倉さかづき美術館

幕末から明治にかけての市之倉の精緻な盃をはじめ、他産地の盃、変わり盃などを展示しています。また小さな空間「盃庵」で静かにさかづきと向きあうことができます。100余のボックスギャラリーでは、さまざまなジャンル(陶器・ガラス・金工・染織など)のクラフトマンの作品を展示販売しています。地元銘酒・特産品・オリジナルミュージアムグッズもあります。

住所 : 多治見市市之倉町6-30-1
URL : http://www.sakazuki.or.jp/